表具のことなら

古梅堂(こばいどう)磯貝表具店のサイトへようこそお越しくださいました。滋賀近郊の表装を中心に承っております。表装、修復等、ご相談お待ちしております。

よろしければこちらもご覧下さい。(もう少し詳しく載せております)↓↓↓

https://www.big-advance.site/s/135/1736

古梅堂について

滋賀・京都を中心に表装の仕事を請け負っております。
具体的には傷んだ掛軸や額・衝立・屏風を修復し、新たに鑑賞、保存できるように表装いたします。 また、お客様や作家の絵画や書を掛軸や額・衝立・屏風に仕上げます。
 
その他、襖の新調や修理、張替えや障子の張り付け、張替えなども行います。 身近な襖や障子に限らず、寺宝や美術品などの修理、表装を伝統的な京表具技術を身につけた表具師が手作業で行っております。
 
伝統的な素材と手法で適切に整えた表具は、この先数十年だけでなく次の代へと受け継ぐことができます。 お客様それぞれの大切な表具をできる限り永く将来に残していただきたいと考えております。

ご依頼について(例)

まずお問い合わせ頂いた後、ご依頼品を拝見し、お客様と納期、予算など充分にご相談伺います。実際に置かれる部屋の調度に合わせてご提案もさせて頂くこともございます。
日程をご相談の上、改めてお預かりに伺います。
大事な作品を丁寧に施工(表装、張り替えなど)いたします。処置内容によってはある程度期間を頂く場合もございます。
ご都合をお伺いした上で納品に伺います。納品後、請求書をお渡しします。

お問い合わせ

お急ぎの際は電話でもご相談ください。